「下痢」不要物を腸から捨て、体温をあげる防衛反応

下痢
下痢

下痢の原因はさまざまです。食中毒や感染症、肝臓病や腸炎などが原因の場合は病院で適切な治療を受けるべきですが、そうでない場合、ほとんどの原因は「冷え」と「水分のとり過ぎ」「食べ過ぎ」で胃腸にたまった水分を排泄して体を温めようとする反応ですから、無理に止めてはいけません。
対処法は「水分を控えること」「汗をかくこと」「尿をたくさん出すこと」「胃腸を温めること」。
体内から余分な水分が抜け、体が温まれば、下痢は止まります。不規則な生活や暴飲暴食、ストレスなどで、体を冷やさないことも大切です。
現代人は冷たいものを食べ過ぎる傾向にあるので注意します。

解決法その1「ダイコン湯」

すりおろしたダイコンと生姜にお番茶を注ぐダイコン湯は、腸の粘膜をおだやかに修復する飲み物。ダイコンに含まれる鉄やマグネシウムが粘膜をいやし、デンプン分解酵素のジアスターゼやタンパク分解酵素のステアーゼ、
さらに大量のビタミンCが、胃腸の荒れをすみやかに修復します。ダイコンの辛味は胃液の分泌を高め、消化吸収を促す作用もあるので、胃の調子が悪いときに飲んでもいいでしょう。

用意するもの

  • ダイコン2~3cm
  • 生姜のすりおろし汁小さじ1
  • 醤油大さじ半分
  • 番茶

作り方

  1. 大根をすりおろして器こ入れる
  2. すりおろした生姜を加える
  3. 醤油を好みで適量加える
  4. 熱い番茶をたっぷり注ぐ

解決法その2「はちみつ緑茶」

漢方では、緑茶は「血を清め、尿を通じ、食欲を増し、疲れを癒やし、心身を爽快にする」といわれる健康食晶。含有成分のカチキンには殺菌・抗毒作用があり、コレラ菌、赤痢菌、o-1571 、風邪ウイルスなどをやっつけるだけでなく、強力な利尿作用もあるうえ、タンニンには下痢を止める作用があります。
緑茶の効果は以下のとおり

ハチミツのオリゴ糖は殺菌作用と整腸作用があり、古くはエジプト時代より、下痢を止める薬として用いられてきました。ただし、緑茶自体はもともと陰性食品。ふだん、あまり体を動かさない人が日常的に飲み過ぎると体が冷え、逆効果になるので注意しましょう。

解決法その3「野菜スープ」

強力な浄化力を持つイオウやリン、カルシウムを多量に含むニンジンは胃腸を浄化し、ビタミンCの豊富なジャガイモは細胞組織を再生して胃腸を強くし、硫化アリルを含むタマネギは気力・体力を回復させてくれます。この3つの野菜を煮込んで作る野菜スープを1日1回飲めば、胃腸が温まり、下痢の症状がおだやかに改善されます。

解決法その4「レンコン汁」

発芽力を保持することができるといいます。生命力の強いレンコンは、気力・体力を回復してくれる陽性食品。レンコンのアク(黒ずみ)の成分はタンニンで、止血作用、消炎作用があり、特有の粘り気はムチンで、消化不良に効きます。漢方では昔から、レンコンは下痢止めとして用られてきました。レンコン10 gをコップ1 杯の水で煎じ、半分まで煮詰めたレンコン汁は、弱った腸を回復してくれます。1日3杯、温服(温かいうちに飲むこと)飲むようにします。
体の中からきれいにしてくれるレンコン

「たるみ・シミ・しわ」美肌の条件は「きれいな血液がスムーズに流れていること

たるみ、しわ、しみ
たるみ、しわ、しみ

素肌の美しい人は、年齢に関係なく輝いて見えます。そしてとても女性らしい印象を受けます美しい肌の条件は、

  • 表面にツヤとうるおいがあること
  • やわらかく弾力性があること
  • シミやそばかすがなく、血色がよいこと

です。3つの条件を満たすには、「汗腺や皮脂腺などの分泌脱がしっかり働くこと」「肌にたまった色素や老廃物を、肝臓や腎臓などの解毒臓器にきちんと運ぶこと」が必要です。
そのためには、サラサラしたきれいな血液が肌を循環しなければいけません。食生活の改善で血を浄化し、運動で血液循環を促しましょう。

解決法その1「美顔マッサージ」

、汗腺、皮脂腺などが縦横に走っています。マッサージや指圧をすることで、皮膚呼吸がスムーズになり、新鮮な酸素を取り込むことができるため、細胞の新陳代謝が活発になります。
その結果、汗腺や皮脂腺の分泌が促進され、肌にうるおいとツヤが補給されます。同時に毛細血管も拡張するため、肌に栄養と水分と酸素が十分に行き渡り、たるみやしわのない、ハリのある素肌になります。このマッサージを1日2~3回行います。

  1. 両手の人さし指、中指、薬指の腹側を、鼻を通る中心線の左右に軽く当て、額、
    目の間、日の下、鼻の脇、ロの脇、あごの順番に、軽くマッサージする
  2. 同じく左右3 本の指の腹で各部をゆっくり3秒間押し、バッと赦す。

肌のコンディションを整えるのに最も重要なのはやはり睡眠です。

老廃物をスムーズに流すためにはデトックスなどで中からキレイにすることも大切です。肌毒を解消するも大事です。

「眼精疲労」スマホやPCの長時間使用で目の周囲が緊張するのが原因

眼精疲労
眼精疲労

漢方では「目の衰えと下半身の衰えは比例する」と言われます。「老眼鏡が必要になってから腰痛を患うようになった」というのは、決して偶然ではありません。
老眼だけは誰でもさけることができません。
避けて通れない「老眼」

「目がしみて涙が止まらない」「目の奥がきりきりと痛む」「視線を移すと、なかなか焦点が合わない」「新聞が読みづらい」というのは、目が弱っている証拠。
適度な運動で下半身を鍛えながら目の健康にいいビタミンA たっぷりのニンジンやほうれん草を、積極的に摂りましょう。3大眼病にも効果のあるアサイーベリーなどは特におすすめです。パソコンなどで目が疲れたときは、目玉の体操や蒸しタオルで血液循環を促すといいでしょう。1時間に10分休憩を入れて遠くの緑などをを見ることも効果的です。

解決法その1「ブルーベリー」

ブルーベリーはもともとネイティブ・アメリカンが食用にしていたフルーツで、日本へは1951年に輸入され、1975年から本格的に栽培が開始されました。第二次大戦中、ブルーベリージャムを多食していた英空軍パイロットの視力が向上したことから、今では「眼精疲労に効く医薬品」としても使われています。
ポリフェノールの一種であるアントシアニンが、網膜のロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよくするため、眼精疲労や老眼、白内障、視力低下など、目のトラブルの予防・改善に役立ちます。乾燥させたブルーベリーを、1日20~30粒、毎日食べましよう。

解決法その2「目玉の体操」

パソコンやテレビなど、発光するモニターを長時間見続けると、目が疲れてしまいます。まばたきの回数も減ってしますので、ドライ・アイの原因にもなります。1時間に1回は小休止して、目玉の体操で目の血流を促し、疲労を回復させまししょう。疲れがひどいときは、蒸しタオルと冷たいタオルを交互に目の上にのせるのも有効。血管の拡張と収縮が繰り返され、血行がよくなります。

  • 両目をギュッと強くつぶってから、バッと大きく見開く
  • 顔を動かさないまま、目玉だけを上→下→左→右と動かす。
  • 「時計まわり」と「反対まわり」に、目を数回動かす。

PCやスマホを使う時間が長い人は花王のめぐリズムなら蒸気で目の疲れをとることができます。

「頻尿」加齢により下半身の老化、腎虚が原因

頻尿
頻尿

「水分をとり過ぎたわけでもないのにトイレが近い」「残尿感がある」「夜中に何度もおしっこで目が覚めてしまう」というのは、漢方でいう「腎虚」が原因。

「腎」とは腎臓、泌尿器、生殖器などの臓器だけでなく、人問に備わった生命力そのものもさします。腎は下半身にあるため、加齢して足腰が弱ってくると同時に機能が低下します。腎虚から脱するには、運動で下半身を鍛えるのが一番。「入浴で汗や尿をたくさん出す」「根菜類を食べる」「体を温める陽性食品を食べる」「寝る前に冷たいものを飲まない」なども心がけましょう。
カラダを温める食べ物、冷やす食べ物にも意識します。

解決法その1「ヤマイモ酒」

人間の下半身は、植物でいえば「根」にあたる部分。「根っこ」が弱ったら「根っこ」は 根菜類で力を補いましょう。「腎虚を回復させる力が強い」といわれるヤマイモを焼酎に漬けたヤマイモ酒30ml飲んで眠れば、頻尿が改善されます。お酒が苦手な人は、とろろそばや麦とろを常食するといいでしょう。

解決法その2「黒ごま」

「老化予防と若返りに効く」といわれるビタミンEをたっぷり含むゴマは、腎虚の回復を促す食材。骨や歯を丈夫にするカルシウムや強壮作用のある亜鉛、疲労回復に効くビタミンB群、動脈硬化を予防するリノール酸やオレイン酸も豊富です。黒ゴマ塩ご飯にふりかけて食べるはか、練りゴマにハチミツを混ぜた「ゴマハチミツ」を毎日、大さじ1~2杯、食べるといいでしょう。

「前立腺炎」長時間座っていることで血流が悪くなり炎症を起こしやすくなる

頻尿は長時間座ることがよくない
頻尿は長時間座ることがよくない

前立腺は膀胱に隣接する男性生殖器で、精液の一部を産生しています。尿道や体内の他の場所の細菌が前立腺に感染すると、前立腺炎になります。

急性の場合は排尿時痛や残尿感があり、頻尿になります。症状が進むと、濁った尿や血尿が見られ、発熱します。慢性の場合は下腹部や会陰部に鈍痛があり、排尿痛や残尿感を覚え、放っておくと勃起不全に陥ります。
運転手など、長時間、股間部を圧迫しながら座っている人に多く見られる病気なので、できるだけ歩いたり、半身浴をするなどして、血流を促すことが大事です。

解決法その1「半身浴」

みぞおちから下の部分だけを湯につけて入浴する半身浴は、下半身を集中的に温めて、腎臓を含めた磨から下の血流を促します。その結果、排尿量が増えて体が温まり、免疫力が高まるため、炎症の改善に役立ちます。
ひとつかみの租塩、または生姜1個をすりおろしたものを浴そうに入れれば、さらに温浴効果が高まります。
半身浴のメリットはこちらです。

解決法その2「和食」

最近増加している前立腺ガンは、男性ホルモンの過剰が原因。男性ホルモンはコレステロールを原料にして作られるので、前立腺ガンを予防したいなら、肉や卵、牛乳、バター、マヨネーズなどの欧米食を控えましょう。
ガンの予防と治療には、ビタミンA、C、Eの豊富なニンジンジュースが効きます。これを朝食がわりに飲み、昼と夜は和食中心のメニューにするといいでしょう。