「生理痛・生理不順」冷えによる血行不良が原因

生理痛
生理痛

多くの女性は、へそから上は温かくても、へそから下はひんやり冷たい冷え性です。冷えるということは、血行が悪いということ。
血行が悪いということは、卵巣や子宮へ十分な栄養や酸素、水が行き渡らず、臓器の機能が低下してしまうということです。
生理不順や生理痛の原因は「冷え」。下半身を温めれば、腹痛や腰痛、頭痛、イライラなどの不快な症状が軽減します。
冷えが進むと水分の代謝が悪くなり、卵巣に水がたまる卵巣のう腫や、子宮筋腫など「硬くなる病気」を呼び込むおそれがあるので、早めに対処しましょう。

解決法その1「ごぼう」

生理の周期は通常25~35日ですが、人によって前後7日くらいの差があります。出血量も、20ccから120ccと幅があります。この周期や出血量の範囲をはずれた場合を、生理不順といいます。
生理周期が短い人はどちらかというと体力のある人、長い人は体力のない人と考えます。生理不順を解消したいなら、ゴボウが効きます。根菜類であるゴボウは、下半身の血行をよくする食べ物。さらに、含有成分のアルギニンは性ホルモンの分泌を促し、生理周期を整える作用があります。
ゴボウの詳細のプロフィールはこちら

解決法その2「黒ごま番茶」

老化予防や若返りに効くといわれるビタミンEや良質のタンパク質、貧血に効く鉄や鍋がたっぷり含まれたゴマは、「血液をきれいにする魔法の種」といわれます。ビタミンEを多く含む食品はこちら
黒ゴマと租塩(8対2の割合)をフライパンで妙り、すりつぶした黒ゴマ塩ひとさじを濃い番茶に入れた黒ゴマ番茶は、体を温め、血液を浄化する飲み物。1日3~5杯ずつ飲めば、生理痛の改善に役立ちます。生理の2~3 日前から飲むといいでしょう。黒ゴマ塩を作る時間がない場合は、市販の黒ゴマ塩を使ってもよいでしょう。

解決法その3「足浴」

早急に痛みをとりたいなら、足浴がおすすめです。くるぶしから下を15分ほどっければ下半身の血行がよくなり、痛みが和らぎます。痛みがひどい場合は、ひとつかみの租塩を湯に混ぜます。塩の保温効果で血流がスムーズになり、子宮の緊張がおだやかにはぐれていきます。

生理痛関連(リンク)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください