「更年期障害」下半身の冷えが強い人ほど症状は深刻

更年期障害は下半身の冷えがあると深刻
更年期障害は下半身の冷えがあると深刻

閉経前後の約10年間に起こるのが更年期障害です。女性ホルモンの分泌が減り、その変化に対応しきれず、のぼせやほてり、発汗、動悸、肩こり、頭痛、耳鳴り、不眠、倦怠感、憂鬱感などが生じます。
ただし症状には個人差があり、まったく感じずに更年期を乗り切る人もいれば、深刻な症状に悩まされる人もいます。その差は、「下半身の温度差」。体温の高い人は特別な症状が出ませんが、冷えのひどい人ほど子宮や卵巣の働きが悪くなり、症状が重くなりがちです。
予防・治療には、体を温めるのが一番です。

解決法その1「ミントティー」

シソ科のミント(ハッカ)は血流をよくする作用があるだけでなく、多量に含まれるメントールが、心身のリフレッシュ効果をもたらします。
のぼせやはてり、イライラ、憂鬱なときは、清涼感を味わえるミントティーを飲むようにするといいでしょう。気分がl新でき、前向きな気持ちになります。ミントティーがないときは、ミントキャンディーをなめても効果があります。外出時もバッグに入れておくといいでしょう。
部屋にペパーミントの精油を置くのもおすすめです。

解決法その2「体を動かす」

体を温めるには、運動をするのがやはり一番です。ウォーキング運動やスクワット運動で下半身の筋肉を鍛え、体熱を上げましょう。25~30cmの踏み台を、昇ったり降りたりするのも効果的(スローステップ運動)。運動をする際は、無理は禁物。うっすら汗をかく程度でいいのです。ハードな運動を1週間に1回行うより、心地よく感じる程度の運動を毎日続けるほうが大事です。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください