「前立腺炎」長時間座っていることで血流が悪くなり炎症を起こしやすくなる

頻尿は長時間座ることがよくない
頻尿は長時間座ることがよくない

前立腺は膀胱に隣接する男性生殖器で、精液の一部を産生しています。尿道や体内の他の場所の細菌が前立腺に感染すると、前立腺炎になります。

急性の場合は排尿時痛や残尿感があり、頻尿になります。症状が進むと、濁った尿や血尿が見られ、発熱します。慢性の場合は下腹部や会陰部に鈍痛があり、排尿痛や残尿感を覚え、放っておくと勃起不全に陥ります。
運転手など、長時間、股間部を圧迫しながら座っている人に多く見られる病気なので、できるだけ歩いたり、半身浴をするなどして、血流を促すことが大事です。

解決法その1「半身浴」

みぞおちから下の部分だけを湯につけて入浴する半身浴は、下半身を集中的に温めて、腎臓を含めた磨から下の血流を促します。その結果、排尿量が増えて体が温まり、免疫力が高まるため、炎症の改善に役立ちます。
ひとつかみの租塩、または生姜1個をすりおろしたものを浴そうに入れれば、さらに温浴効果が高まります。
半身浴のメリットはこちらです。

解決法その2「和食」

最近増加している前立腺ガンは、男性ホルモンの過剰が原因。男性ホルモンはコレステロールを原料にして作られるので、前立腺ガンを予防したいなら、肉や卵、牛乳、バター、マヨネーズなどの欧米食を控えましょう。
ガンの予防と治療には、ビタミンA、C、Eの豊富なニンジンジュースが効きます。これを朝食がわりに飲み、昼と夜は和食中心のメニューにするといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です