不平不満の多い人は肝臓に要注意する

頭に血がのぼってかーっとと怒ると、10秒もしないうちに、全身の筋肉から肝臓に毒素が集まります。これを肝臓は重荷を負いながら、苦労して徐々に解毒します。

このような生理のしくみから、怒りやすい人ほど肝臓を傷めているわけです。だから食物だけでなく、心の置きどころも大切だということです。

お酒を飲みながら、怒鳴り散らし、グチをこぼし怒っている人は、肝臓病まっしぐらで仲良しになりたい人です。女性でもヒステリトをおこし、いつもプンプン怒っている人や、「何もわかっていないくせに、ちっともわかってくれない」などと、不平不満の多い人も肝臓病に要注意です。

その上、食品添加物入りの加工食品がどんどん入りこんだら、肝臓は解毒処理に迫われて休む間がないので、壊れてダウンしてしまうのです。全身の筋肉から有害物質を集めて肝臓で処理しますが、その運搬者は血液です。肝臓が弱れば、この血液もともに汚れます。

血液が汚れると全身が不健康へと突進してしまうのです。肝臓の働きが十分できなくなると、汚れが残ってよどんできます。それがたまったのが病気です。それぞれの弱いところにしこりが残り、病気となって現れてくるのです。

肝臓が丈夫だと、「肝が座る」といってどしっとしてきます。これは全身の浄化にもつながるので、全身が明るくなります。何度も言いますが、体は小宇宙ですから、ラクに宇宙のエネルギーとつながって、見えない生命力が入るのです。

じつは、肝臓を丈夫にすることこそが、いちばん早い健康法です。疲れたら、肝臓をゆでこんにゃくで湿布します。これはコンニャクを十分ゆでて、熱いところをタオル2枚くらいに包んで20~30分温めるだけですが、

これだけで肝臓の疲れがとれ、浄化を助けてくれます。弱ったり疲れたときは、まず肝臓の手当て。怒りたくなっても肝臓をコンニャクで温めると、中から安らぎが生まれ、健康になっていきます。病人はとくにこの手当てが大切です。怒るにも、食べるにも肝臓を忘れることなく、慈しんで仲良くしていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください