「更年期障害」下半身の冷えが強い人ほど症状は深刻

更年期障害は下半身の冷えがあると深刻
更年期障害は下半身の冷えがあると深刻

閉経前後の約10年間に起こるのが更年期障害です。女性ホルモンの分泌が減り、その変化に対応しきれず、のぼせやほてり、発汗、動悸、肩こり、頭痛、耳鳴り、不眠、倦怠感、憂鬱感などが生じます。
ただし症状には個人差があり、まったく感じずに更年期を乗り切る人もいれば、深刻な症状に悩まされる人もいます。その差は、「下半身の温度差」。体温の高い人は特別な症状が出ませんが、冷えのひどい人ほど子宮や卵巣の働きが悪くなり、症状が重くなりがちです。
予防・治療には、体を温めるのが一番です。

解決法その1「ミントティー」

シソ科のミント(ハッカ)は血流をよくする作用があるだけでなく、多量に含まれるメントールが、心身のリフレッシュ効果をもたらします。
のぼせやはてり、イライラ、憂鬱なときは、清涼感を味わえるミントティーを飲むようにするといいでしょう。気分がl新でき、前向きな気持ちになります。ミントティーがないときは、ミントキャンディーをなめても効果があります。外出時もバッグに入れておくといいでしょう。
部屋にペパーミントの精油を置くのもおすすめです。

解決法その2「体を動かす」

体を温めるには、運動をするのがやはり一番です。ウォーキング運動やスクワット運動で下半身の筋肉を鍛え、体熱を上げましょう。25~30cmの踏み台を、昇ったり降りたりするのも効果的(スローステップ運動)。運動をする際は、無理は禁物。うっすら汗をかく程度でいいのです。ハードな運動を1週間に1回行うより、心地よく感じる程度の運動を毎日続けるほうが大事です。

「生理痛・生理不順」冷えによる血行不良が原因

生理痛
生理痛

多くの女性は、へそから上は温かくても、へそから下はひんやり冷たい冷え性です。冷えるということは、血行が悪いということ。
血行が悪いということは、卵巣や子宮へ十分な栄養や酸素、水が行き渡らず、臓器の機能が低下してしまうということです。
生理不順や生理痛の原因は「冷え」。下半身を温めれば、腹痛や腰痛、頭痛、イライラなどの不快な症状が軽減します。
冷えが進むと水分の代謝が悪くなり、卵巣に水がたまる卵巣のう腫や、子宮筋腫など「硬くなる病気」を呼び込むおそれがあるので、早めに対処しましょう。

解決法その1「ごぼう」

生理の周期は通常25~35日ですが、人によって前後7日くらいの差があります。出血量も、20ccから120ccと幅があります。この周期や出血量の範囲をはずれた場合を、生理不順といいます。
生理周期が短い人はどちらかというと体力のある人、長い人は体力のない人と考えます。生理不順を解消したいなら、ゴボウが効きます。根菜類であるゴボウは、下半身の血行をよくする食べ物。さらに、含有成分のアルギニンは性ホルモンの分泌を促し、生理周期を整える作用があります。
ゴボウの詳細のプロフィールはこちら

解決法その2「黒ごま番茶」

老化予防や若返りに効くといわれるビタミンEや良質のタンパク質、貧血に効く鉄や鍋がたっぷり含まれたゴマは、「血液をきれいにする魔法の種」といわれます。ビタミンEを多く含む食品はこちら
黒ゴマと租塩(8対2の割合)をフライパンで妙り、すりつぶした黒ゴマ塩ひとさじを濃い番茶に入れた黒ゴマ番茶は、体を温め、血液を浄化する飲み物。1日3~5杯ずつ飲めば、生理痛の改善に役立ちます。生理の2~3 日前から飲むといいでしょう。黒ゴマ塩を作る時間がない場合は、市販の黒ゴマ塩を使ってもよいでしょう。

解決法その3「足浴」

早急に痛みをとりたいなら、足浴がおすすめです。くるぶしから下を15分ほどっければ下半身の血行がよくなり、痛みが和らぎます。痛みがひどい場合は、ひとつかみの租塩を湯に混ぜます。塩の保温効果で血流がスムーズになり、子宮の緊張がおだやかにはぐれていきます。

生理痛関連(リンク)

「不眠症」寝付きが悪い、途中で目が覚めるなどは体の冷えが原因

不眠
不眠

不眠症で悩む人のほとんどが冷え症です。手足が冷えると頭に血が上り、脳の神経が休まらず、眠ろうとがんばるほど目がさえることに。乳幼児が眠くなるときは手足が温かくなるように、心地よい眠りにつくときは、手足がポカポカと温まってくるものです。またいったん寝ても、午前3時から5時にかけて目を覚ますことが多いのは、その時問帯に気温、体温が最も下がるから。
不眠の一番の原因は「冷え」です。就寝時に体温が下がるのを防ぐには、就寝前に37~39度のぬるめのお湯につかり、じっくり体を温めておくといいでしょう。
冷えやすい足先を温める快眠グッズもあります。

解決法その1「しそ酒」

ノイローゼやうつ病、自律神経失調症の治療に使われる漢方薬の「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」の主成分はシソ。
シソは体を温め、精神をおだやかに落ち着かせる作用があります。不眠で悩んでいるなら、シソを焼酎に漬けたシソ酒を就寝前に飲みましょう。独特の香りの成分であるベリルアルデヒドが神経を鎮静させ、おだやかな眠りを誘います。

解決法その2「枕元にたまねぎ」

タマネギー1~2個を細かく刻んで皿に乗せ、枕もとに置いて眠ると寝つきがよくなります。これは、タマネギに含まれる香り成分に鎮静作用があるせい。
タマネギの二オイが気になる人は、生萎を使ってもいいでしょう。生姜1~2個を薄切りにして皿に並べ、枕もとに置けば、生姜の芳香成分(ファルネソール、シネオール)や辛味成分(ショウガオール、ジンゲロン) が喚覚を刺激し、鼻粘膜から吸収されて脳細胞へ達し、脳神経を鎮静させて、安眠を導いてくれます。

足のほてりや冷えが取れてぐっすり熟睡するには伝統的な方法ですが、脚の裏のたわしこすりもあります。足の不快感によって不眠になるケースは多くいかに足の快適性を保ちストレスをなくすかということも快眠には欠かせません。

睡眠薬を使わずに眠りたい場合は、こちら。大麦発酵酵素を使ったもので飲むだけで快眠できます。また、習慣性もなく安心です。

「のぼせ」下半身が冷え、血液、熱が行き場を失っている状態

のぼせる
のぼせる

下半身に筋肉の少ない女性は、へそから下に水がたまりやすく、冷え性になりがちです。下半身が冷えると、本来は下半身にあるべき血液や熟、気が行き場を失い、上半身に昇っていきます。
その結果、心臓や肺が下から突き上げられるような動惇や息苦しさ、肩こり、のどの違和感、イライラ、のぼせなどを感じるようになります。
西洋医学では「自律神経失調症」とか「更年期障害」と診断して精神安定剤などを処方しますが、漢方では「昇症(しょうしょう)」ととらえ、下半身の冷えをとりのぞく治療を行います。
ちなみに自律神経失調症になりやすい体質がありますので注意します。
女性の一般的な悩みのひとつでダイエットで体重が減っても下半身が痩せないがあります。これは下半身に筋肉が不足しているせいです。

解決法その1「ミント・ニッキ」

病気でもないのに「せきをしやすい」「めまいや耳鳴りがする」「顔色が赤い」「のどがつまった感じがする」「肩がこる」「手のひらが赤い」などの自覚症状を訴えるることがあります。これは、「下半身が冷えてのぼせている」と考えます。のぼせがひどく、頭が重かったりイライラするときは、ミントやニッキのキャンディを食べると、気分がすっきりします。のぼせに使われる漢方薬の代表は、ハッカを含む「加味逍遥散(かみしょうようさん)」。足が冷えて上半身がのぼせ、カーっとなって汗が出たり、イライラや不安、不眠などの症状が伴うときに、よく効きます。

解決法その2「青竹踏み」

のぼせは下半身の血行が悪くなっている証拠なので、青竹を踏み、足腰を動かして血液循環を促しましょう。「足の裏は第二の心臓」といいいますが、下肢の運動により筋肉の収縮と弛緩が十分に行われ、血液の心腹への環流がよくなります。
さらに、下肢を動かすことで下半身の毛細血管が発達し、「血の通り道」ができるため、のぼせの改善につながります。1日30分以上のウォーキング運動もおすすめです。

「鉄分」女性や鉄の摂取が少ないのが原因

貧血
貧血

貧血と低血圧は混同されることが多いのですが、貧血とは「赤血球が少ない状態」をさし、低血圧とは「血圧が100~60mmHg以下の状態」をいいます。
ジャンルは違いますが、漠方ではいずれも「陰性病」ととらえます。「だるく、倦怠感がある」「顔色が青白い」「めまいやたちくらみがある」「動悸、息切れがする」などの症状が出るなら貧血です。
貧血の原因は、鉄分不足。酸素運搬の赤血球が小さくなったり、働きが弱くなって、これらの症状が引き起こされます。「鉄分の多いもの」を食べましょう。

解決法その1「黒い食べ物」

貧血の人は青白い顔をしていることが多いので、黒い食べ物をしっかり食べ、陰陽のバランスをとりましょう。小豆や黒豆、黒ゴマ、海藻、ほうれん革、小松菜など、黒っぼい、濃い色の食べ物(陽性食品)には鉄分がたっぷり含まれています。
また、エビやカニ、イカ、タコ、貝など海のものには、鉄分や銅、コバルトなど、造血に必要なミネラルが豊富に含まれます。
生野菜サラダや牛乳、マヨネーズなどの乳製品、菓子類、水っぽい果物など「青白い食べ物(陰性食品)」は控え、黒い食べ物を食卓にとり入れましょう。
ほうれん幸のゴマ和え、昆布のつくだ煮、ヒジキの五目妙め、ニラレバ妙め、黒豆の煮込み、ニラとアサリの妙め煮、たたきゴボウ、サバのみそ煮、海藻サラダなどが貧血におすすめのメニューです。
鉄分を食事で摂取するなら、こちら。サプリで鉄を補いたい場合は、こちら

解決法その2「ダンベル体操」

筋肉が赤い色をしているのは、鉄分を貯蔵しているため。軽いダンベル体操やウォーキング運動、アイソメトリック運動などで筋肉を鍛えると、鉄分の貯蔵量が増え、貧血の改善に役立ちます。
また、運動によって体温が上昇することで、骨髄での造血機能も高まります。10~15分はどの空き時間を利用して、ダンベル体操を実行しましょう。

貧血の関連情報

鉄不足の治療