「卵巣ガン・子宮体ガン」袋状の臓器である卵巣や子宮は体温が低下しやすくガンが発生しやすい

卵巣ガン・子宮体ガン
卵巣ガン・子宮体ガン

卵巣ガン・子宮体ガンは乳がんと同じく、女性ホルモン過剰によって引き起こされるガンです(こうしたガンの手術後には、男性ホルモン剤や、女性ホルモン阻害剤を用いた治療がなされます)。

原因として考えられるのは欧米食への偏りですが、なかには「肉も卵も牛乳も苦手」という人もいます。たとえ和食中心の食生活でも、体が冷えて血行が悪くなり、よどんだ血液が下半身に流れるとガンになることがあります。特に卵巣や子宮は体温が下がりやすい管腔臓器ですから、ガン予防には、血液循環をよくして下半身を冷やさないことが大切です。

解決法その1「くず粉入り生姜紅茶」

体の冷えを改善するには生姜紅茶が効果的ですが、くず粉をプラスするとさらに保温作用が高まります。「万病に効く薬」と呼ばれる漢方薬・葛根湯には、くずの根や生姜など、体を温める生薬が配合されています。くず粉入り生姜紅茶は、いわば「自宅で作る葛根湯」。生姜紅茶にくず粉を入れるだけで簡単にできるので、葛根湯が手元にない場合は、自分で作ってみましょう。
生姜紅茶の作り方はこちら

解決法その2「大根の葉の味噌汁」

ダイコンに含まれる食物戚維のリグニンは、さまざまなガン細胞の発生を抑制することで知られます。生のダイコンは頗も葉も体を冷やしますが、原種食品であるみそ汁の具にすれば、強力な保温効果を発揮します。特に葉は血行をよくして血をきれいにする作用があるので、昔から「婦人病によく効く」といわれます。葉は、スーパーマーケットなどでは切られて販売されていることが多くなっていますが、もったいないことです。有機野菜の販売店などで、葉つきのものを買い求めましよう。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です