「高血圧・脳卒中」下半身が冷えると血液が上半身にいき、のぼせたりイライラの原因に

日本人に多い高血圧の原因は、まず塩分・水分のとり過ぎ。塩分には吸湿性があるので、血液中に塩分が入ると、周囲の細胞から水分をとり込み、血液の全体量が多くなります。その結果、心臓が血液を押し出すのに負担がかかることに。水分のとり過ぎも同じ原理で同様です。ふたつめは高脂肪食の過食。脂肪が動脈の内壁に沈着して血管が細くなると、血圧が上がります。さらに加齢によって下半身の筋肉が衰えると、そこに蓄えられていた血液が上半身に集まります。血液が上半身の一番上、つまり脳に集まってあふれ出た状態が、脳卒中(脳溢血)です。

解決法その1「たまねぎの薄皮煮」

タマネギに含まれるビタミンB1、B2、Cは、同じ含有成分であるクエルセチンと協同して、血管をしなやかに、丈夫にします。特に、タマネギの皮のうす茶色に含まれた色素・クエルセチンには、強い降庄作用があるといわれます。

たまねぎは血圧を下げる降圧食としても紹介されています。

脳卒中や高血圧、動脈硬化などの血管病の予防・改善に、タマネギは効くのです。また東洋医学には、「相似の理論」というのがあります。これは、「体に足りないものは、似た食べ物で力を補充すればよい」と考える理論です。
たとえば中国では、「クルミは脳の形に似ているから、クルミを食べると頭がよくなる」といいます。根菜類のタマネギは、人間の下半身に該当する食べ物。タマネギやゴボウ、ニンジンなどを食べると、下半身が強化され、下半身の筋肉に血液がプールされるため、高血圧を改善できます。

解決法その2「チーズ、納豆、味噌」

チーズや納豆、みそ、醤油などの発酵食品には、ピラジンという抗血栓物質が入っています。特に納豆には、血が脂で汚れるのを防ぐビタミンB2、B6が豊富に含まれていると同時に、血栓を溶かすナットウキナーゼが含まれています。「高血圧に塩分は禁物では? 」と心配しなくても大丈夫。塩分を控えなくてはいけないのは「ずんぐりむっくり、赤ら顔のおじさん」と表現される陽性体質の人で、「色白で冷え性」の陰性体質の人は、塩分を控える必要はありません。ある程度の加減は必要ですが、むしろ体を温めるので、積極的にとっていいのです。摂取した分、汗で排出するよう心がければ、とり過ぎを気にする必要はありません。
ただし精製塩はすぐにやめるべきです。

精製塩はすぐにやめる

解決法その3「ウォーキング」

下半身の衰えは高血圧や脳卒中の引き金になります。筋肉は使わないとなえ訂すが、積極的に使えばどんどん鍛えられ、新しい毛細血管が増えていき、上半身から下半身へ十分な血液が行き渡るようになります。健康に最もよく、誰でも手軽に楽しめるのはウォーキング。1日30分でも、毎日の生活に取り入れましょう。

意外なのは、昼寝が血圧を下げるという情報。とっても興味があります。すぐに試すことが出来そうです。
食事は、高血圧 | 薬を使わない食事療法(病気・症状別)が参考になりそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください