「肥満」日本人は水太りが多く下半身の水が多い

下半身太り
下半身太り

[身長-100]×0.9=標準体重。。この数値より20%以上の体重増加があると、肥満と考えます。西洋医学では「摂取カロリーが消費力ロリーを上回ると肥満になる」といいますが、漢方医学では「新陳代謝が悪く、水分が体にたまっている状態」と考えます。
色白で下半身が太く、関節が痛みやすい人の肥満は「水太り」、逆に筋肉質で便秘がち、おなかがせり出したタイプの肥満は「固太り」。いずれも、原因は「排泄が悪いため」。改善するには、体温を上げて新陳代謝を促し、便や尿の排泄を促すのが一番です。

日本人の体質は体から水分を取り除けば痩せるには、人間の体の55~65%が水です。仮に65%が水だとすれば、体重50kgの人であれば、32.5kgが水分だということです。このうちの5%の水分を取り除けば、それだけで1.7kgも減量できることになります。60kgの人であれば、39kgが水分でその5%を取り除けば約2kg減量できることになります。と記載がありますが、日本人の半数は定番のダイエットでは痩せないといいます。これは水太りになっている人が半数いるということです。

解決法その1「朝だけニンジンジュースダイエット」

上半身はそれはどでもないのに、おしりや太もも、ふくらはぎが太い「下半身太り」は、体に水分がたまった陰性体質の女性に多く見られます。水をビニール袋に入れて手でつり下げると下方がふくらみますが、人間の休も同じこと。「水太り」を解消するには、体内の新陳代謝をよくして、水分を排泄すればいいのです。「いつもの朝食をニンジンジュースに替えるだけ」のダイエット法を実行すれば、内臓にかかる負担が減り、新陳代謝が促されて体温が上がり、余分な水分を効率よく排泄できます。ニンジンのカロテンは美肌にも効果的です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください