「高脂血症」血中に脂肪が増大することで狭心症、心筋梗塞の危険性が高くなる

血中に脂肪が増大
血中に脂肪が増大

動物性脂肪の多い脂肪分の多い食事や甘い物のとり過ぎは、体内を栄が過剰な状態にして血液を汚し、さまざまな病気を引き起こします。
高脂血症は、コレステロールや中性脂肪など、血液中の脂質の量が増えた状態をさし、狭心症や心筋梗塞などの心臓病や脳梗塞を誘発する原因になります。

高脂血症の原因となるものはこちら。

特別な自覚症状がなくても、「あっさりした和食よりこってりした洋食を好む」「甘いものやアルコールを好む」という人は、高脂血症の予備軍と考えます。
運動と腹八分の食事で体内の余分な栄養分を燃焼しきり、きれいな血を取り戻しましょう。

解決法その1「陽性食品」

体が冷えると、脂肪を燃やすための十分な熟を産生することができません。そのため血中に脂肪が残り、血がドロドロになってしまいます。
体を冷やすようなビールや清涼飲料水を控えるのはもちろん、朝食はニンジンジュースと生姜紅茶だけにして、昼はそば、夕方は明太子や魚介類、生萎、根菜類などの陽性食品をとるのがポイントです。納豆や小松菜、トマトも、血液をきれいにする食品です。

解決法その2「半身浴」

半身浴をすると体が温まって発汗し、効率よく体内の新陳代謝を促すことができます。湯船に38~40度くらいのお湯をみぞおちの高さまでため、15~30分以上入浴しましょう。
最初に出てくる汗をなめてみると、塩辛いはず。これは、毛穴から老廃物が出ている証拠です。時間がたてば、サラサラの水のような汗に変わります。これが、体内の余分な水分です。好きな雑誌を読みながら、どんどん汗を流しましょう。入浴後は、ビールや清涼飲料水を飲まないこと。せっかくの発汗がムダになってしまいます。飲むなら、ニンジンジュースか生姜紅茶に。

半身浴は血管の詰まりに効果大

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください