「アレルギー(鼻炎・ぜんそく)」鼻炎の鼻水やぜんそくのたんは余分な水分を排出する体の防御反応

アレルギー(鼻炎・ぜんそく)
アレルギー(鼻炎・ぜんそく)

くしゃみや鼻水が止まらない鼻炎、薄い水のようなたんが出るぜんそくなどのアレルギーは、「余分な水を排出する機能」です。漠方では、「水毒症のひとつ」と考えます。
湿気が多い日や、雨がしとしと降る日はゆううつになったり、体がだるくなりますが、これは、大気中の水気が体を冷やすから。体内に余分な水分がたまった場合も体が冷え、新陳代謝が悪くなって、白血球が作り出す抗体で抗原(外部からの侵人物)を十分に防ぎ切れません。

解決法その1「梅番茶で鼻洗い」

約1% の自然塩を加えた塩番茶を用意し、一方の鼻の穴を押さえて他方の鼻の穴から吸い込み、口から吐き出します。それを交互に繰り返します(やけどしないよう、番茶が十分に冷めてから行う)。
番茶に含まれるタンニンには収赦作用があるので、アレルギー反応によって傷んだ鼻粘膜を修復することができます。ただし、これはあくまでも局所療法。水毒を追い出す解決法と併用して行いましょう。

ネギ湿布

ニラ、ニンニク、ネギ、タマネギなどのアリウム属の野菜は、抗アレルギー食品として知られます。特にネギは、のどの外用薬として、古来、用いられてきました。刺激臭の元である硫化アリルが血行を促し、気管や気管支を温めて拡張し、たんを出しやすくするだけでなく、独特の香気がのどの粘膜や肺から血液に吸収され、呼吸がラクになります。
ネギの白い部分を火であぶってから3 Cmくらいに切ります。それを縦割りにして開き、ねばねばしたはうをのどに当てて湿布します。上からタオルなどをあて、首に軽く巻きます。

解決法その3「粗塩風呂」

ぜんそくの発作は、気管支が痙攣(縮んでふるえること)して起こりますが、これは、雨に濡れると体が冷えてふるえるのと同じ。気管支内に余分な水分がたまり、冷えると痩攣が引き起こされますが、このとき、空気の出し入れが十分にできないため、ヒューヒューと音が出ます。
ぜんそくを根本的に改善するには、発汗や利尿を促して、余分な水分を体外へ捨てるのが一番。粗塩をひとつかみ入れた租塩風呂に入ると、体がポカポカ温まります。血行がよくなって気管支が拡張するだけでなく、余分な水分をどんどん体外へ追い出すことができます。
粗塩はこちら。
41~42度くらいの熟めのお湯は覚醒作用が、38~40度くらいのぬるめのお湯はリラクゼーション件用があるので、朝入るなら熟め、寝る前に入るならぬるめの温度がおすすめ。じっくり汗を流したいときは、ぬるめで15~30分。
半身浴の効能はこちら

解決法その4「生姜湿布」

ぜんそくの発作が起こったら、生姜湿布を胸部と背中に10分ずつ、それぞれ1~2回ほど施すと、呼吸がしだいにラクになります。肌が敏感な人は、ガーゼの布を素肌に当てて、その上から湿布するといいでしよう。発作を予防するために、毎日、入浴後に行うのもおすすめです。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です