「アトピー・湿疹・じんましん」治りにくい皮膚病、不完全燃焼した老廃物が皮膚からでようとしている

アトピー・湿疹・じんましん
アトピー・湿疹・じんましん

アトピー性皮膚炎は治りにくい現代人の特有の皮膚病ですが、体内に残った老廃物と水分が、皮膚から外に出ようとする反応です。
ステロイド剤などを塗って一時的に症状を抑えても、根本的に体質を変えない限り、なかなか完治しません。ステロイドなどを中止するとすぐに再発してしまいます。
アトピーの原因は食べ過ぎと冷え。体温が低いために食べたものがきちんと燃焼されず、あまった老廃物が水分と一緒になって、ジュクジュクと体外に出ようとするのです。
過食する人、水分をとり過ぎる人、体を動かさない人は要注意。運動、入浴、サウナなどで体を温め、血液をきれいにしましょう。

解決法その1「日光浴」

「アトピーに太陽は禁忌」といわれますが、逆です。太陽に当たって体が熱せられると、老廃物と水が一挙に外に出てくるため、一見、悪化したように見えるだけ。アトピーの人が南の島へ遊びに行き、海水につかり、さんさんと輝く日の光を浴びた結果、「ウソのようによくなった」というケースはたくさんあります。
最初の2~3 日は海水がしみたり、太陽の光で皮膚が焼けただれるような感じがしますが、3日を過ぎると急速に回復してきます。「陽光」と「塩」、どちらも漢方では「陽性」と考えますが、陰性の病気であるアトピーに「陽性」を補うことで、体のバランスがとれるわけです。皮膚が発赤して熱を持つのは、体内の老廃物が燃えている証拠です。燃焼を助けたいなら、日光浴や入浴、サウナなどで外から熱を加えるとよいでしょう。
症状がひどい場合は漢方薬を使うといいでしょう。アトピー性皮膚炎

解決法その2「ゴボウ」

湿疹やじんましんは、体内に老廃物がたまり、血が汚れたことのあらわれ。血を解毒するには、ゴボウが効きます。漢方では、ゴボウは「皮膚病の妙薬」として知られます。
朝食がわりにゴボウ入りのニンジンジュースを飲んだり、きんぴらゴボウを毎日食べるのはもちろん、ゴボウをすりおろして温め、ガーゼにつけて患部に湿布すると、治りが早くなります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください