「胸焼け」肉や卵、精白食、ファストフード、添加物の食べ過ぎ

胸焼けはファストフードの食べ過ぎ
胸焼けはファストフードの食べ過ぎ

酸性の胃液が食道内に逆流すると、食道の粘膜が刺激されて胸焼けが起こります。「いつも胸焼けする」という人は、肉や卵、ケーキなどを食べ過ぎていないか、添加物の多いものやファストフードを食べ過ぎていないかどうかを確かめてみましょう。
胃下垂で胃のぜん動運動が悪く、食物が十分に消化されずに胃に長く停滞する場合も、胸焼けの原因になります。
改善するには、「胃酸を中和するアルカリ性食品を取る」「胃を温めてぜん動運動を促し、胃の中の食物を早く腸へ送り出す」などを心がけるといいでしょう。

解決法その1「網焼き昆布」

石器時代から日本人が食べてきた「海の野菜」コンプは、ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなど、アルカリ性のミネラルを豊富に含んだ超アルカリ性食品。
食べるだけで酸性の胃液がバランスよく中和され、胸焼けがすみやかに改善します。
食物繊維たっぷりのコンプを直火で焼いた「網焼きコンプ」を食べれば、ぜん動運動が促され、あまった胃液や食べ物がスムーズに腸へと押し流されます。

解決法その2「ダイコン入りにんじんジュース」

インド、中周、朝鮮半島を経て今から200年以上も前に日本に伝わったダイコンは、「七草がゆ」にもとり入れられる、健胃作用の高い食材。
古い書物にも「ダイコンは消化吸収を助ける」と記述されています。デンプン分解酵素のジアスターゼ、タンパク質分解酵素のステアーゼはじめ、オキシダーゼ、カタラーゼなどの酵素類やビタミンCをたっぷり含んでいるため、胃腸の働きが活発になり、胸焼けの改善に役立ちます。朝食のかわりに、ダイコン入りのニンジンジュースを飲むといいでしょう。
消化酵素が胃腸を元気にする大根
ニンジン2 本、リンゴ1 個、ダイコン100 をジューサーにかけて飲む。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください