「頭痛」ありとあらゆる痛みは過剰な水分と冷えが原因

頭痛は体内の余分な水分
頭痛は体内の余分な水分

水は冷え、そして冷えは痛みの原因になると漢方では考えます。雨が降る寒い日や、クーラーの効いた部屋で体に痛みが生じるのは、体内の水分が過剰になり、体が冷えるから。

頭痛も、「水分過剰」と「冷え」のサインです(ただし、急激な頭痛に襲われた場合は、脳卒中やくも膜下出血などのおそれがあるので、すぐに病院へ。

鎮痛剤で一時的に痛みを止めても、痛み止めは体温を下げる作用があるので、次の頭痛の芽をつくるようなもの。根本的に改善したいなら、体を温めて利尿や発汗を促し、余分な水分を排泄するのが一番です。

解決法その1「こめかみに梅干し」

鎮痛剤が手に入りにくかった時代は、よく梅干しの果肉をこめかみに貼って頭痛を治していたものです。塩分が多い梅干しには、体を温めて血行を促す作用があります。
こめかみに貼ることで塩分が皮膚からじかに吸収され、頭部の血流がよくなり、痛みが改善されるというわけです。梅醤番茶や梅干し汁で体の内側からじっくり温めてもいいですが、「頭痛がひどく、今すぐ治したいけれど、鎮痛剤は飲みたくない」というとき、試してみるといいでしょう。痛み止めの飲み過ぎが頭痛をひどくしているケースもあります。
頭痛もちの人は生活習慣の改善も必要です。

解決法その2「手浴」

42~43度くらいの熟めのお湯を張った洗面器に手首から先を3分つけ、その後、冷水を張った洗面器に10秒つけます。これを5回繰り返します。

解決法その3「ツボ「百会」」押す

百会(両耳の先端を結んだ線と、鼻から頭頂に向けて延ばした線が交差する点)を指先でギュッと押し、バッと離す動作を数回繰り返しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です