「頻尿」加齢により下半身の老化、腎虚が原因

頻尿
頻尿

「水分をとり過ぎたわけでもないのにトイレが近い」「残尿感がある」「夜中に何度もおしっこで目が覚めてしまう」というのは、漢方でいう「腎虚」が原因。

「腎」とは腎臓、泌尿器、生殖器などの臓器だけでなく、人問に備わった生命力そのものもさします。腎は下半身にあるため、加齢して足腰が弱ってくると同時に機能が低下します。腎虚から脱するには、運動で下半身を鍛えるのが一番。「入浴で汗や尿をたくさん出す」「根菜類を食べる」「体を温める陽性食品を食べる」「寝る前に冷たいものを飲まない」なども心がけましょう。
カラダを温める食べ物、冷やす食べ物にも意識します。

解決法その1「ヤマイモ酒」

人間の下半身は、植物でいえば「根」にあたる部分。「根っこ」が弱ったら「根っこ」は 根菜類で力を補いましょう。「腎虚を回復させる力が強い」といわれるヤマイモを焼酎に漬けたヤマイモ酒30ml飲んで眠れば、頻尿が改善されます。お酒が苦手な人は、とろろそばや麦とろを常食するといいでしょう。

解決法その2「黒ごま」

「老化予防と若返りに効く」といわれるビタミンEをたっぷり含むゴマは、腎虚の回復を促す食材。骨や歯を丈夫にするカルシウムや強壮作用のある亜鉛、疲労回復に効くビタミンB群、動脈硬化を予防するリノール酸やオレイン酸も豊富です。黒ゴマ塩ご飯にふりかけて食べるはか、練りゴマにハチミツを混ぜた「ゴマハチミツ」を毎日、大さじ1~2杯、食べるといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.