「眼精疲労」スマホやPCの長時間使用で目の周囲が緊張するのが原因

眼精疲労
眼精疲労

漢方では「目の衰えと下半身の衰えは比例する」と言われます。「老眼鏡が必要になってから腰痛を患うようになった」というのは、決して偶然ではありません。
老眼だけは誰でもさけることができません。
避けて通れない「老眼」

「目がしみて涙が止まらない」「目の奥がきりきりと痛む」「視線を移すと、なかなか焦点が合わない」「新聞が読みづらい」というのは、目が弱っている証拠。
適度な運動で下半身を鍛えながら目の健康にいいビタミンA たっぷりのニンジンやほうれん草を、積極的に摂りましょう。3大眼病にも効果のあるアサイーベリーなどは特におすすめです。パソコンなどで目が疲れたときは、目玉の体操や蒸しタオルで血液循環を促すといいでしょう。1時間に10分休憩を入れて遠くの緑などをを見ることも効果的です。

解決法その1「ブルーベリー」

ブルーベリーはもともとネイティブ・アメリカンが食用にしていたフルーツで、日本へは1951年に輸入され、1975年から本格的に栽培が開始されました。第二次大戦中、ブルーベリージャムを多食していた英空軍パイロットの視力が向上したことから、今では「眼精疲労に効く医薬品」としても使われています。
ポリフェノールの一種であるアントシアニンが、網膜のロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよくするため、眼精疲労や老眼、白内障、視力低下など、目のトラブルの予防・改善に役立ちます。乾燥させたブルーベリーを、1日20~30粒、毎日食べましよう。

解決法その2「目玉の体操」

パソコンやテレビなど、発光するモニターを長時間見続けると、目が疲れてしまいます。まばたきの回数も減ってしますので、ドライ・アイの原因にもなります。1時間に1回は小休止して、目玉の体操で目の血流を促し、疲労を回復させまししょう。疲れがひどいときは、蒸しタオルと冷たいタオルを交互に目の上にのせるのも有効。血管の拡張と収縮が繰り返され、血行がよくなります。

  • 両目をギュッと強くつぶってから、バッと大きく見開く
  • 顔を動かさないまま、目玉だけを上→下→左→右と動かす。
  • 「時計まわり」と「反対まわり」に、目を数回動かす。

PCやスマホを使う時間が長い人は花王のめぐリズムなら蒸気で目の疲れをとることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください