肛門にカイロを当てると痔に効果大!血行がよくなれば数日で改善する

スーパーのレジ係や事務仕事の女性に多い

痔というのは、肛門周辺の疾患を指す総称です。痔に悩む方は、症状を自覚していても、恥ずかしさが先に立ち、なかなか病院に行きづらいものです。だからこそ、ふだんから痔になりにくい生活を心がけ、セルフケアに努めることが重要です。

まず、痔の原因について、お話ししましょう。

痔の発症と、血液の循環は、密接にかかわっています。お尻の血行が悪くなると、肛門部がうっ血します。これが引き金になり、肛門の内外に、イボ痔(痔核)ができやすくなるのです。また、血行不良は、腸の活動にも悪影響を与えます。

腸の調子が悪く、便秘になると、かたい便が肛門を通る際に皮膚を傷つけ、切れ痔を招きます。さらに、あまり強くいきむと、肛門周辺の血管に負荷がかかります。これも、イボ痔を作る一因です。

一方、下痢になると、水様の便が勢いよく、高い頻度で出るため、やはり肛門に裂傷が生じます。こうしたわけで、便秘や下痢が長期化すると、痔になりやすいのです。よって、

  • 血行をよくする
  • よい排便習慣を保つ

この2つが、痔のセルフケアのポイントになります。まず、1の血行をよくするためには、冷えは大敵です。薄着を避け、入浴時は湯ぶねにつかり、じっくり温まりましょう。運動が血行の改善に直結するのは、いうまでもありません。

そこで、問題です。痔になりやすいのは、どんな職業に就いている人でしょうか?答えは、男性なら、タクシーやトラックのドライバー。女性なら、スーパーのレジ係や、オフィスでの事務の仕事です。いずれも、同じ姿勢を長時問取り続ける職種である点が、共通しています。じっとして動かないので、当然です。

顔にも同じことができるかが基準にする

そこで、私が痔の方にお勧めしているのは、使い捨てカイロで肛門を温めることです。カイロの温熱作用が、患部の血行を促進させ、違和感や腫れ、痛みなどの症状の軽減に、効果を発揮します。実際に試すよう勧めると、症状が改善する場合が多が見られます。

痔の手術後は、痛み止めの薬を処方するのですが、手術後すぐに肛門を温めておいたところ、薬を飲まなくて済んだ方もいらっしやるほどです。温め方は、2とおりあります。

立ち仕事が多いかたは、下着を複数枚、着用した上から、肛ま門の位置を確認し、カイロを賂るといいでしょう。このとき、下着が1枚だけだと、熱くなりすぎる可能性があります。低温調整が必須です。

座り仕事が多いかたは、いすの上にカイロを置き、肛門が当たるようにして座るのがいいようです。熱くなったら、カイロを外しましょう。

2の、よい排便習慣については、体質にもよりますが、やはり食生活が重要です。便秘薬は、常用すると徐々に効果が薄れますし、依存性があるので、おすすめできません。あたりまえのようですが、栄養バランスのよい食事を、3食きちんととるのが、いちばんです。

量を食べなければ、当然、それなりの便しか出ません。腸の動きを滑らかにするために、水分補給も忘れずに。アルコール類は別として、お茶やコーヒー、スープなどを含めてもよいので、1 日に1.5~2リットルは、とりたいものです。腎臓が健康であれば1日2リットル飲みたい!

朝食後は、特に腸が活発に動くので、時問に余裕を持ち、また、あまり強く長くいきむのは、肛門によくありません。せいぜい3~5分までにして、排便の気配がなければ、いったんあきらめることです。
ちなみに、排便後の肛門はゴシゴシふかず、優しく「押しふき」してください。温水洗浄便座を使う際は、水圧をいちばん低くして、10秒以内にとどめましょう。

また、水温が高いと、必要な皮脂まで落としてしまうので要注意です。お尻の皮膚は顔と同じくらいデリケート。「顔にも同じことができるかどうか」を基準に、優しくケアしてください。これらを実践し、症状の改善に努めても、不安がぬぐえないこともあるかもしれません。出血を、痔と思い込んでいて、大腸ガンやポリープを見逃してしまう可能性もあります。迷ったら、早めに専門医を受診することをお勧めします。

便秘の改善がなかなか難しい場合には、イサゴールなどで便秘を改善しましょう。

痔に関連するサイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.