免疫体質をつくるための「週末の食生活」

粗塩をなめる

疲れをためない生活をするには、食事も非常に大切です。

人間が摂取するものには、交感神経を刺激するものと、副交感神経を刺激するものがあります。交感神経を刺激するものの代表は塩。この場合は精製されたナトリウムを指し、これを摂ると交感神経が刺激されて血圧が上がります。
ナトリウムは、交感神経が緊張しがちな人が摂りすぎるとよくありません。しかし、体に活力をもたらすものでもあるため、副交感神経優位になりがちな人や、ラクな環境で育っている子どもには、むしろ必要と言えます。

副交感神経を刺激し、免疫力を高めるものの代表は、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルを豊富に含んだもの。ほかには、腸の蝶動運動を促す食物繊維を含むもの、腸内環境をよくする微生物を含む発酵食品、苦味や酸味など、体が「いやなもの反射」を起こす食品です。ちなみに、同じ塩と言われるものでも、租塩や天然塩は、ミネラルも豊富に含むので、交感神経、副交感神経の両方を刺激します。疲れやすい人は、努めてこれらを摂るといいでしょう。

週末だけでも玄米の習慣

ミネラルや食物繊維を豊富に含み、副交感神経を刺激するものと言えば、素材を丸ごと食べることができる「丸ごと食品」が挙げられます。

その代表は、玄米でしょう。玄米は、収穫後、もみがらを取り除いただけで、後は丸ごと食べてしまう食品です。その胚芽やぬかの部分に、糖質、たんばく質、ミネラル類、ビタミン類などを含み、人間が生きていくのに必要な栄養素のほとんどをカバーしています。

食物繊維にも富んでおり、腸の働きを高めるため、長時間、副交感神経優位の状態をつくり出す働きがあります。玄米は精白米よりも農薬が残留しやすいと言われますが、私自身は、あまり気にしていません。玄米は副交感神経を強力に刺激して、体の排泄能力を高めるため、少しくらいの農薬なら、体の外に出ていってし事つからです。

もちろん、病気などで毒素を排泄する機能が弱まっている人は、体の声を聴きながら少しずつ食べるなど、量を調節したほうがいいでしょう。丸ごと食品には、ほかに、豆類やごま、乾燥させた小魚や小エビなども入ります。

海藻で腸をまるごと洗浄

食物繊維は、人間の持つ消化酵素ではほとんど消化できません。腸の中では水分を含んで膨張し、便の量を増やして腸管を刺激します。

また、活性酸素を除去したり、消化を助ける善玉菌を増やすのにも役立ちます。食物繊維を含むものは、噛みごたえがあるため、噛む回数が多くなり、副交感神経が刺激されます。食物繊維を含むものとしては、野菜類、海藻類、きのこ類などがあります。野菜類にはビタミンやミネラル、海藻類にもミネラルが豊富に含まれます。

ただ、胃腸の弱い人などは、食べすぎると便秘を起こすので、注意が必要です。発酵食品とは、微生物の働きによって、発酵・熟成させた食品のことで、味噌やしょうゆ、納豆、漬物、ヨーグルトなどがあります。

発酵食品は、食材の栄養素に加えて、微生物の活動の過程で生み出されたビタミンやミネラル、酵素などもー緒に摂ることになります。また腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、腸管の免疫機能を高めるので、副交感神経優位の体質を保つことができます。

私たちの体には、体にとって不要なもの、いやなものが入ってきた時に、排泄しょうとする働きが備わっています。それを司っているのが、「副交感神経」です。すでに述べましたが、レモン、梅干し、お酢など酸味のあるもの、また一部の山菜など苦味があるものを食べると、副交感神経が刺激されます。ちなみに、漢方薬の苦さも、「いやなもの反射」を利用して副交感神経を刺激する目的があります。

ゆっくり味わう

食材を選ぶ時は、「毎週、これを食べなくては」と、神経質になる必要はありません。「体によいから」といって、おいしいと感じられないのに、厳格に無理をして食べ続けるのはよくないのです。

無理のない範囲で、徐々に取り入れることが大事です。食事の際は、ゆっくりと時間をかけて、よく噛んで食べましょう。すでに述べたように、よく噛むことで、副交感神経が刺激されます。ただし、食べ物が完全にドロドロになるまで噛む必要はありません。

食べ物による腸管への刺激が弱くなるからです。噛むことも、「自分の胃腸に聴きながら」でよいのです。以上、おもに交感神経優位の人向けに、副交感神経を刺激する食べ方をご紹介しました。現代人は、肉食になりがちですが、肉食だと交感神経優位に傾きます。そういう人はできるだけ、玄米・和食に変えるほうがよいでしょう。

玄米を主食にすると、おかずはあっさり味しか合わなくなります。自然に野菜や、海藻、発酵食品などを中心とした和食スタイルになるから不思議です。私も経験しましたが、何より、玄米・和食スタイルにすると体質が劇的に変わります。

私も玄米を試したところ、1週間ほどで驚くべき効果が出ました。平常体温は36.5度になってポカポカ、肌はツヤツヤ、便通もよくなり、便の臭いもなくなりました。肩こりもなくなつて、すっかり健康になつたのです。当時円キロあって太り気味だった体型も、その後、余分な脂肪が取れ、適正体重の64キロまで減ってスッキリしました。それ以来、私は、三食、玄米・和食にしており、肉はあまり食べません。週に1度くらいは、体のほうが「気分を変えたい」と言ってきますので、そんな時は肉を食べています。

快腸を維持するための玄米

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください