今年の花粉症は鼻水、鼻づまりが「新型鼻洗い器「ハナクリーンα」ですっきり爽快

年々増える花粉の飛散量にどう対応したらいいのかわからない

来年もまた、花粉症の人たちにとって、つらい季節がやってきます。正しい対処法はないかと探している人も多いことでしょう。来年のスギ花粉の飛散量は全国平均で昨年の5割増しで、東北・関東甲信・北陸・東海地方では2~3倍になるところもあると予測されています。

昨年は花粉の飛散量が少なかったので、症状が軽くすんでいた人も、今年は症状が重くなる可能性があります。また、花粉の量が大幅に増えるので、今まで花粉症と無縁だった人でも花粉症にかかる可能性が大きく、新たな患者さんが急増することも考えられます。

そもそも花粉症とは、花粉を原因としたアレルギー反応です。アレルギーとは、特定の物質(抗原=アレルゲン) に対して免疫反応(免疫とは病気から体を守る力)が過剰に起こること。

花粉症の場合、アレルゲンである花粉が体内に侵入してくると、それに反応して「IgE抗体」と呼ばれる物質が作られます。IgE抗体は、鼻や目などの粘膜にあるマスト細胞(肥満細胞)と結合します。
その状態で、再び花粉が侵入すると、マスト細胞からヒスタミンンやロイコトリエンといった分泌炎症物質が分泌されます。

くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、花粉症特有の症状を引き起こすのです。こうした症状は、花粉が飛散する時期にずっと続くので、仕事や日常生活に多大な影響が出ます。

花粉をを追い出すために、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのこうした症状は、花粉が飛散する時期にずっと続くので、仕事や日常生活に多大な影響が出ます。

鼻がつまったり、鼻水や涙が出たり、肌が荒れたりするので、女性の場合は化粧も満足にできなくなることも珍しくありません。

鼻がつまったり、鼻水や涙が出たり、肌が荒れたりするので、女性の場合は化粧も満足にできなくなることも珍しくありません。

鼻うがいでストレスも一緒に洗い流してしまう

花粉症の治療法には、薬物療法が中心となりますが、決定打といえるほでの効力を感じられないのが皆さんの声です。

最も必要なのは、花粉とできるだけ接触せず、接触してもその量をできるだけ少なくすることです。花粉との接触を防ぐためには、外出するときにマスクや防御メガネを着け、外出から戻ったら手洗い、うがいを行うことが基本。こうした対策の中でも、ぜひおすすめしたいのが「鼻うがい(鼻洗浄)」という方法です。

鼻かみや通常のうがいといった方法では、鼻の奥からの部分(上咽頭)は洗浄できません。その点、鼻うがいなら、鼻の奥まで侵入した花粉もしっかりと洗い流せるので、花粉症の解消に役立つのです。

花粉だけでなく、ウィルスも洗い流せるため、カゼやインフルエンザの予防にも効果が期待できます。一般的に行われる従来の鼻うがいは、洗面器に生理食塩水を入れ、そこに鼻をつけ、片方の鼻の穴から食塩水を吸い込んで行います。

吸い込んだ食塩水は、反対側の鼻の穴やのどから出てきます。もう片方の鼻の穴も、同様に行います。つまり、鼻うがいは洗面器と生理食塩水さえあれば誰でもできるのですが、実際にやってみると意外に難しいものです。

慣れないと、理食塩水がのどの気道に入り込み、むせてのどを傷めでまう可能性もあります。また、鼻うがいをやるためには、使用する水1リットルに対して食塩を9グラムの比率で入れ生理食塩水を正確に作る必があります。

これを間違えて曾鼻うがいを行うと、鼻の奥がツーンと痛みます。こうL現象は、体液と水の浸透圧の違いによって起こります。みなさんの中には、プールやいだりシャワーを浴びたゎたときに鼻に水が入って、の奥に激しい痛みを感じたことのある人もいるでしょ。

さらに、鼻うがいは体温に近い温度(40度)行わなければなりません。冷たい水で行うと、鼻の粘膜を侮ける原因になります。
そこで、私は花粉症のひどい症状の方に対して専用の鼻洗漁を使って行う「鼻スッキり洗い」がおすすめしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください