適度にがんばることと、適度に休むバランスが大切

適度にがんばる
適度にがんばる

体を温めるだけでつかれにくい体になる

「活動しすぎ」か「リラックスしすぎ」かこの両極端な生き方が疲れや病気の原因です。「活動しすぎ」は交感神経優位、「リラックスしすぎ」は、副交感神経が優位の生き方です。

交感神経を価位にさせる要因は、「過度のストレス」です。ストレスにはさまざまな種類がありますが、おもに現代人に大きく影響しているのは、次の3つです。

  1. 働きすぎ
    自律神経のバランスを崩す最たるものでしょう。眼精疲労、冷房などによる体の冷やしすぎ、睡眠不足などが多大なストレスになります。
  2. ここの悩み
    精神的なストレスも、交感神経を緊張させます。
  3. 薬の常用
    西洋医学で処方される薬は、ほとんどが交感神経を緊張させるものです。特に、消炎鎮痛剤や降圧剤やステロイド剤を数週間以上の長期にわたって使用すると、体を交感神経優位に傾かせます。

これらの3つの要因によって引き起こされる、さまざまな疲れ現象についての詳細は後に記します。仕事や人間関係に緊張を強いられることもなく、運動不足で毎日を過ごしている例です。先ほどストレスは交感神経を緊張させると述べましたが、じつは、ストレスの少ない生活も、疲れを生むのです。

簡単な対処法は、ちょっとした体操をするなど、体を動かすことです。このように、疲れを生む原因は、両極端の生き方、つまり、バランスの悪い生き方にあるのです。そうした極端な生き方は、今すぐやめましょう。人間の体には、括動と休息を交互に繰り返す、メリハリの利いた生活が必要なのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください