大自然のリズムに合わせて生きる

自律神経のメカニズム

ここからは、エネルギー代謝と免疫のシステムをコントロールする、自律神経に注目し、自律神経が体に起こす興味深い現象を詳しく見ていきましょう。普段は、自律神経を安定させる生活習慣を意識することがとても大切です。

最初に指摘したいのは、交感神経優位になると知覚が鈍くなり、副交感神経優位になると知覚が敏感になる現象についてです。交感神経が優位になると、神経伝達物質の分泌が抑制され、知覚が鈍る知覚鈍麻が起きます。

副交感神経優位になると、神経伝達物質がより多く分泌されるため、知覚が鋭敏になり、痛みやかゆみなどを感じやすくなり、味覚や喚覚も鋭くなってくるわけです。

男性より女性のほうが感覚が鋭敏で感性豊かな性格を持っている人が多いのは、そもそも男性は交感神経タイプ、女性は副交感神経タイプが多いからです。

交感神経優位が続いて、知覚が鈍くなることは、実は人間が物事に集中して活発に活動するためには、合理的な状態でもあります。

仕事で重大局面に差し掛かっている時に、いちいち体の不調が気になっていたら、行動を起こせなくなるでしょう。そういう時、私たちの体は、自動的に体の不調を感じ取る感覚を遮断し、全力で仕事に取り組めるようになっています。同じように、森を歩いていて熊に出会った時、恐怖の感覚をじっくり味わっていたら身が凍って動けなくなり、能だやられてしまいますよね。

だから、不要な感覚を遮断して、猛然と戦うなり、一目散に逃げ出すなりの行動に集中するようにできているのです。危機に遭遇すると、人間の体は、その状況を乗り越えるために、不要な感覚を断じて、いわば興奮の極致の状態をつくり出すという極めて合理的な反応をするわけです。

そして、危機が過ぎ去り、副交感神経が優位になってくると、「あれ? この傷、いつできたのかな? そいえば痛い」と、危機状態の時に受けたダメージに遅ればせながら気づくという現象が起きます。激務明けの休日に体の不調が噴き出すように感じられるのは、このためです。

では、交感神経優位の極限状態が続いてしまうと、どうなるのでしょうか。神経伝達物質が抑制され続け、知覚も思考力も鈍ったままで、体に深いダメージを受けていても、気づかずにそのまま走り続けることになります。

これが極致までいくと、人の話が聴けなくなり、何を言われても、受け入れて考えることができなくなります。過労死の直前などには、人は、このような状態になり、「もう休んだら? 」という家族の忠告を聴ける状態ではなくなっていることが多いのです。上手に「体の声」を聴けるようになる秘訣が、ここに隠されています。

まり、副交感神経が優位になる時間を、確保すればいいのです。人の話を聴けない状態にまでなっている人は、半強制的に休ませるしかないでしょう。

何ヶ月も休みなしで働いている人は、月に数日でも休みを取れば、少しは副交感神経が働き始め、さまざまな感覚がよみがえってきます。

「そう言えば腰が痛い」「手足が冷えている」「無理な生き方をしている」などと、体調をとらえる力や、自分の生活を振り返る思考力もよみがえってくるのです。「体の声が よくわからない」という人は、交感神経が優位になっている生活をいったん遮断する必要があるということです。

自律神経「1日のリズムを覚える」

自律神経は大自然と共に変化しています。それを知るのに、とてもわかりやすいのは、白血球を構成する細胞比率の1日の変化を見ることでしょう。

朝から日中の時間帯は、顆粒球の割合が増え、交感神経が優位になっています。夕方になると、今度は副交感神経が優位になり、リンパ球の割合が増えています。

すでに述べたように人間の体は、長い人類の歴史の中で、太陽と共に起き出し、日中に食物を摂る活動をして、太陽が沈むと寝る生活に適応するようにつくられています。

自律神経が、1日の中で、太陽の動きに合わせてエネルギー代謝と免疫の状態を調整しているわけです。人間の体は、このように交互に変化することで、自動的に、疲れをためないシステム、元気な状態を保つシステムを維持しているわけです。

自律神経は、天気の影響も受けます。天気がよくなって晴れると交感神経優位になり、天気が悪くなって曇りや雨になると副交感神経が優位になるのです。なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

正確に言えば、自律神経には気圧が影響するのです。天気がよい状態、気圧が高くなる状態では、大気中に酸素量が多くなり、血液中の酸素分圧が高くなって、交感神経が優位の傾向になります。

また逆に、曇りがちで天気が悪く、気圧が低い状態では、酸素が少なくなり、血液中の酸素分圧が低くなって、副交感神経が優位になりがちです。私たちが、空が晴れ上がった天気のよい日は、気分がハイになり、元気に活動をし始め、曇りや雨の日は、何となく気分がゆったりして家から外に出たくなくなるのも、このためです。

「晴耕雨読」という言葉がありますが、これは、体のメカニズムにもかなった言葉だと言えるでしょう。この法則を知っておくと、その時々の気分を把握しやすくなり、気がラクになります。もともと性格が静かな人は、雨の日には気分がもっと静かになり、落ち込みやすくなります。

「ああ、今日は雨の日だから、しよんぼりしがちなんだ」と思えば、必要以上に落ち込む必要もなくなるわけです。そんな時は、ちょっと交感神経を刺激するような活動をすればいいのです。

気性が激しい人は、晴れ上がる高気圧の日には、「今日はちょつと注意しよう」と心がけて、ゆったり深呼吸でもしていればいいわけです。

また持病のある人は、低気圧で副交感神経優位になると知覚が過敏になるので、痛みなどが出やすくなります。その状態を「病気が悪化した」などと悲観することなく、「天気が悪いからこうなつているだけ」ととらえればよいのです。自律神経が気圧によって変動する様は、気圧と白血球の変化にも表れています。

気圧が高くなると、交感神経が優位になり、顆粒球の割合が多くなり、リンパ球の割合が少なくなります。気圧も、高気圧が来たら次は必ず低気圧が来るというように、交互に変化しています。人間の体の自律神経も、白血球の割合も、同じように交互に揺れて変化しているのです。

自律神経「1年のリズム」

自律神経には、一1を通しても、季節のリズムと共に変化する一定の周期があります。日本を含む北半球では、春は、気温が高まり空気が温まるので、気圧は低くなり始めます。春は、交感神経優位から副交感神経優位へと変化する時期であり、白血球もリンパ球の比率が上がり、顆粒球の比率が下がる変化の時期となります。

夏は、気温が上がり気圧が低くなるので、副交感神経優位となり、リンパ球の比率が高い状態となります。ちなみに台風は、低気圧の極致なので、かなり激しい副交感神経緊張の状態がつくられます。秋は、春とは逆の変化が起きます。

冬は、気圧が高くなるため、交感神経優位の季節となります。また気温が低いこと自体が一種のストレスになりますから、交感神経が刺激され、顆粒球が多くなります。こうした気圧の変化は、健康な人にとっては、気分や体調が変わる程度で済みますが、疲れがたまっている人や病気を抱えている人にとっては、大きなダメージとなります。

特に、気圧が変化する春と秋の季節の変わり目は、体調が揺さぶられ、苦しい状態も出てくるので注意が必要です。こうしてみると、私たちの自律神経は、大自然の大きなリズムと共に変化していることがわかるでしょう。自律神経の変化につられて、エネルギー代謝も免疫も変化していきます。

「体のここが痛い」「この症状を早く何とかしたい」という体の一部分のみしか見ないのではなく、もっと大きな視点で自分の体を見つめ、体の声を聴いてあげましょう。

大自然のリズムと、大自然のリズムに連動した自分の体の精巧なシステムを、総合的に見ていきましょう。そうすれば、つらい症状のみに集中してビリビリしていた気持ちがほぐれ、おおらかな気持ちになれます。つらい症状を引き起こす本当の原因も見えてきて、正しい解決法が見えてくるでしょう。

自律神経失調症の基礎知識に関する詳細はこちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください