腸以外にも効く「アンチエイジングで美容にも」

アンチエイジングという言葉を最近は、よく耳にします。いつまでも若く美しくいるための方法全般を示す言葉として、今や女性はもちろん、男性にも知られるようになりました。

誰でも実年齢よりも若くありたいですし、若く見られたいものです。アンチエイジングは健康や美容業界では大きなトレンドのひとつで、療法やサプリメントなどさまざまなものが出ています。大昔からアンチエイジングに効果的とされているのがオリーブオイルです。

なかでも、エキストラバージンオイル(果実をそのまま搾ったバージンオリーブオイルのなかで酸度が0.8% 以下のもの) は、ポリフェノールやビタミンEなどの抗酸化物質が豊富です。

通常、呼吸によって新鮮な酸素を体にとり込むことで活動するエネルギーを生み出しています。しかし、この酸素のうち一部は活性酸素という物質になります。この活性酸素が過剰に発生すると、細胞や遺伝子を傷つけ、全身の老化やがんの原因になると考えられています。

肌のしわなども、これと同じメカニズムで発生します。そして、現代に生きるわたしたちは、タバコや紫外線、食品添加物やストレスなど活性酸素を過剰に発生させやすい環境に生きているのです。この活性酸素の働きを抑えるのが抗酸化物質です。ただ、日本人はこの抗酸化物質が豊富に含まれる野菜の摂取量が減少傾向にあるため、その摂取量も減ってしまっています。抗酸化物質を含む食品のなかでも、エキストラバージンオイルは高い抗酸化力があります。エキストラバージンオイルと野菜を一緒に摂れば、サプリメントよりも自然で効果の高いアンチエイジング療法が実践できるのです。

また、地中海地域では、古くから肌の美しさや健全さを保つためにエキストラバージンオイルを塗る習慣がありました。エキストラバージンオイルには植物性スクワランや天然ビタミンA 、Eなど保湿作用のある成分も含まれています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です