腸以外にも効く「期待される新たな効用」

ほかにもたくさんのエキストラバージンオイルの効果が報告されています。2005年、イギリスの権威ある学術誌「ネイチャー」にオリーブオイルに含まれる微量成分「オレオカンタール」に関する論文が掲載されました。

この物質は鎮痛剤として市販されているイブプロフエンと同様の作用をもつというのです。この効果を得るにはエキストラバージンオイルを1日50 g摂取する必要があるそうで、日本人にはちょっと多い量ですが、エキストラバージンオイルの可能性という意味では大きな発見でしょう。

また、エキストラバージンオイルには、ヘリコバクターピロリ菌を抑える作用があることがわかってきました。これは人間の胃のなかに住んでいる菌で、胃や十二指腸などの病気を引き起こすことがあります。年代によって感染率は異なり、若い世代ではそれほど高くないものの、団塊世代以上の感染率は80%以上と非常に高くなっています。

一度感染すると除菌しない限り消えません。ピロリ菌をもっている人はもっていない人に比べて5 ~10倍の確率で胃がんを発症するといわれているので、注意が必要です。

動物性脂肪をエキストラバージンオイルに変えると、胃潰瘍が小さくなるという報告もあります。いずれも、まだ実験レベルの報告ですが、胃の健康へのエキストラバージンオイルの可能性に期待したいところです。

意外なところでは、アルツハイマー型認知症予防への地中海式食生活の有効性についての調査があります。アメリカのコロンビア大学で行なわれた研究で、地中海式食生活を実践できている人ほどアルツハイマー型認知症の発症リスクが低いことが認められたのです。

その予防でもっとも重要なことは、神経の変性の引き金となる活性酸素の働きを抑制することです。地中海式食生活では、エキストラバージンオイルや野菜、果実から活性酸素を抑える抗酸化物質をしっかり摂取できます。

さらに、地中海式食生活で多用する魚介類が含むEPA(エイコサペンタエン酸) やDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳によいとされています。

脳の信号伝達に必要な細胞膜を機能させるDHA | 現代人のストレス
https://stress-reso.com/%e8%84%b3%e3%81%ae%e4%bf%a1%e5%8f%b7%e4%bc%9d%e9%81%94%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e7%b4%b0%e8%83%9e%e8%86%9c%e3%82%92%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8bdha/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です