腸内細菌を元気にする方法

腸の免疫機能が病気を防ぐことを紹介しましたが、腸が元気になれば病気にならないことになります。

では、どうすれば腸内の善玉菌を増やすことができるのでしょうか?何を食べるかもとても大切ですが、食べかたの改善がもっとも効果があると考えています。ここでは2つのポイントを紹介しましょう。

ひとつめのポイントとなるのが「プロバイオティクス」です。これは「体に保健効果を示す生きた微生物を含む製品・食品」のことで、乳酸菌製剤やヨーグルトなどが挙げられます。基本的にはプロバイオティクスの考えは腸のために推奨されています。その条件には、

  1. もともと人の常在微生物であること
  2. 腸で増殖可能であること
  3. 胃酸や胆汁などの上部消化管のバリアのなかでも生存できること
  4. 便秘や下痢、腸内環境の改善になること
  5. 免疫機能の向上効果があること
  6. 人体にとって安全性が高いこと

という6つが挙げられています。

このプロバイオティクスの代表である乳酸菌は、ヨーグルトなど動物性のものだけでなく、みそや漬物など植物性のものも効果があることがわかってきました。すでに植物性乳酸菌のほうが胃液中で存続しやすいことが確認されていますので、わたしはこちらにより注目しています。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌がたっぷり!フジッコ 善玉菌のチカラ | 賢い乳酸菌生活
https://constipation-guide.net/lactobacillus/%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%83%94%e6%b5%b7%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88%e3%81%ae%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c%e3%81%8c%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%b7%e3%82%8a%ef%bc%81%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%83/

この生きたまま腸に届く乳酸菌はほかに果汁、穀類などに多く生息しています。そしてもうひとつのポイントは、食物繊維です。食物繊維は便の状態をよくして腸内環境を整える働きがあるほか、発酵性もあり、そのおかげで大腸の健康を保ちます。
大腸にいる嫌気性菌という菌によって食物繊維が発酵することで酪酸が産生されます。すると、酪酸は大腸に吸収され、ぜん動運動を調節し、血流を増加させるエネルギーとなるのです。

善玉菌を増やし快腸になる「乳酸菌酵母共棲培養エキス・ プシュケー」 | 自分の免疫力で治す
https://www.d-blood.info/2017/06/27/%e5%96%84%e7%8e%89%e8%8f%8c%e3%82%92%e5%a2%97%e3%82%84%e3%81%97%e5%bf%ab%e8%85%b8%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%80%8c%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c%e9%85%b5%e6%af%8d%e5%85%b1%e6%a3%b2%e5%9f%b9%e9%a4%8a/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です