オリーブオイルの効果は腸だけではない

エキストラバージンオイルの効果は、便秘の解消だけに限りません。健康と食生活のつながりの深さがわかるデータがあります。

1970年前後のイタリアは、現在と異なり地域によって食生活に差がありました。フランスに近いイタリア北部の人々の食生活は、肉類、牛乳やチーズなどの動物性脂肪の摂取が多く、フランス料理に近いものでした。

一方、地中海に面した南部の人々の食生活は、パンやパスタなどの穀類と、魚介類、オリーブオイルの摂取が多い、現在、地中海式食生活と呼ばれるようなものでした。

1970年代、このふたつの地域における人々のがんによる死亡率の差は驚くほど大きいものでした。肉類や乳製品を多く摂っていたイタリア北部に比べて、魚介類やオリーブオイルなどを豊富に摂っていたイタリア南部では、男性、女性ともに、大腸がんの死亡率が明らかに低くなっていることが認められたのです。

同様に、食道がん、乳がん、前立腺がんなども、イタリア南部の人々の死亡率は低くなっていました。このように、1970年代のイタリア南部では、大腸がんによる死亡が少ないことが指摘されています。

その穀類や魚介類、オリーブオイルなどの摂取量が多く、肉類や乳製品などの摂取が少なかった食生活は、腸をはじめわたしたちの健康にプラスに作用するといえるでしょう。また近年、アメリカではFDA(米国食品医薬品局)が、生活習慣痛や心臓病の予防におけるオリーブオイルの有効性を認め、「1日スプーン2杯(30ml)のオリーブオイルを摂ること」を推奨しています。

そして、現在も世界中でエキストラバージンオイルについての研究・調査がなされ、そのさまざまな効果が報告されています。これから、そのさまざまなデータとともにエキストラバージンオイルの効用について詳細に紹介していきましょう。

ギリシャ・ローマ時代からの天然便秘薬「オリーブオイル」 | 腸をごきげんに
https://benpi-guide.net/chouplus/archives/49

腸以外にも効くオリーブオイルの効果

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です