おいしい脂質は生きるのに不可欠な栄養素

人間の味覚には、もともと油を「おいしい」と感じる快感のメカニズムがあることが最近の研究で明らかになってきました。
舌の神経を経由して脳を興奮させる作用を油がもつことがわかってきたのです。

ポテトフライやスナック菓子などを食べはじめたらやめられなくなって、終わるまで食べ尽くしてしまうという経験があるでしょう。

ある動物実験では、舌で油を感知すると、脳から快楽物質であるβ・エンドルフィンやドーパミンが放出されたというデータがあります。この結果からも、油の味わいは快感とイコールでつながるものであり、おいしさとは別の、食べるのをやめられない作用をもっていることがよくわかります。

このように、脳がおいしいと感じる油(脂質)は、一般的に「太る」というイメージをもたれており、敬遠している人は少なくありません。たしかに各栄養素の1 gあたりのカロリーを見ると、炭水化物やたんぱく質は4 kcal、脂質は9 kcalですから、「太る」というイメージをもってしまっても無理はないでしょう。

しかし、わたしたち人間は脂質なしに健康的な生活を送ることはできません。脂質はエネルギー源として使われるほかに、細胞膜や血液、各種ホルモンなどのもとになり、ビタミンA、E、D、Kなどの脂溶性ビタミンの吸収を促進する役割を担っています。
ビタミンAをしっかり食事で摂りたい | ビタミンの効能・効果
https://vitamin-guide.info/archives/204

ビタミンEをしっかり食事で摂りたい | ビタミンの効能・効果
https://vitamin-guide.info/archives/227

ビタミンDをしっかり食事で摂りたい | ビタミンの効能・効果
https://vitamin-guide.info/archives/221

ビタミンKをしっかり食事で摂りたい | ビタミンの効能・効果
https://vitamin-guide.info/archives/230

そのため、不足すると肌が荒れたり、みずみずしさが失われたりするのです。また、脂質には人間が体内で生成できない必須脂肪酸があるため、食事から摂取する必要があります。食事はとても重要です。

安定したコレステロール値のために積極的に摂りたい5つの栄養素 | 健康メモ
https://health-memo.com/2012/04/08/%E5%AE%89%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%80%A4%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E7%A9%8D%E6%A5%B5%E7%9A%84%E3%81%AB%E6%91%82%E3%82%8A/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です