Home > 免疫力アップのためのオリーブオイル > 現代人の腸は疲れきっている

便秘かそうでないかは本人の感覚で決まる

ここからは、日本人の多数が悩む現代病「便秘」についてです。最近は便秘外来などもあり、受診者は年々増加しています。

今や便秘に悩む人は500万人起ともいわれています。日本人のおよそ半数になります。とくに10〜30代前半の女性に多く、この年代では約半数近くの人に便秘の自覚があるということです。

便秘には、病気が原因で起こる「症候性便秘」と、腸の働きが低下して起こる「常習性便秘」の2つがあり、ここでは後者についてです。

常習性便秘には特定の原因があるわけではありません。食事や生活習慣の乱れ、運動不足などが要因とされています。その乱れた生活が長く続けば続くほど重症化していきます。普段、あまり便秘をしない人でも便秘モードにはいると、食物繊維をたくさん摂っても、水分をしっかり摂ってもまったく音沙汰がないことがあります。これで常習性便秘になってしまうこともあるのです。

日本人に大腸ガンが急増していると紹介しましたが、この便秘とも大きく関係しています。

便秘と便秘でない状態の境界はどこにあるのでしょうか?じっは、便秘には明確に「何日間排便しなければ便秘である」といった定義はありません。2〜3日に1回でも快調な人はいますし、毎日出ていても便秘という人もいるからです。

医師の共通認識としては、2~3 日に1度の排便があり、不調や不快感がなければ便秘とはいわないということです。

便秘の治療には自覚症状が大きなカギといえます。むやみに薬に頼るのではなく、自分のおなかの感覚を頼りに、不調とつきあっていくのが最良の道なのです。

内臓感覚について紹介します。肝臓のように感覚神経が極めて少ない器官と異なり、腸にはちゃんと感覚を脳に意識させる仕組みがあります。腹痛、膨満感、便意など腸の内臓感覚は、腸の神経と関係があります。

便秘でおそろしいのは、脳への信号がうまく働かなくなり、便意を失ってしまう場合があることです。我慢をくり返したり、下剤に頼ってばかりいると、だんだん便意を失ってしまうのです。下剤を常習していると、どんどん増量していかないと効かなくなってくるのは、脳への信号が働かなくなっている証拠です。

いったんひどくなるとシャワートイレによる肛門刺激や坐薬を用いたりする「便意リハビリ」が必要になってきます。普段からおなかの感覚を大切にして、便意に合わせて排泄し、腸の健康を維持しましょう。

ゴボウ茶で数十年来の頑固な便秘が1ヶ月で改善、ポッコリ下腹もペタンコに | 腸をきれいにして便秘解消
https://constipation-guide.net/intestines/?p=610

現代人の腸が大きく変化した3つのこと

大腸がん過敏性腸症候群、炎症性腸疾患など、日本人の腸の病気は年々増加しています。
この変化には、日本人の食生活の変化が大きく影響しています。その変化についてです。
現代人にガンや生活習慣病が増えているのは、食生活が大きく影響していることは誰もが周知のとおりです。いわゆる食の欧米化が日本人の体に合っていないということでしょう。

もともと日本人は油を多く摂る民族ではなかったのです。明治12年の「日本人民食事調査」によると、全摂取食品の53% が米、27%が麦、14%が雑穀、5.2%が惣菜、残りの0.8% が昆布や木の実でした。

穀類が94% も占めていたのは驚きです。また、たんばく質も米から摂っていたのです。日本食に3つの大きな変化が起きたことで、日本人の腸に変化を与えたと思われます。

ひとつめは、幕末・明治維新に西洋に触発された「肉食の解禁」です。それでも1950年前後までは肉類、乳製品とも摂取量がそれほど多くなかったのですが、1960年以降からは急激な増加をしていきます。これが2 つめの変革、いわゆる食の欧米化です。

具体的にいうと、北米、イギリス、ドイツなど北ヨーロッパ風の動物性脂肪が多い食スタイルです(ちなみに、ここにオリーブオイルをたっぷりと使う南イタリア、スペイン、ギリシャの食スタイルはこれに入りません)。
そして、3つめがファストフードやコンビニ食がごく一般的になってきた1990年代です。

この三大変革によって、食物繊維の摂取量が不足し、動物性脂肪と動物性たんばく質の摂取量が増加したのです。厚生労働省が定める成人の1日あたりの食物繊維摂取量は、現在19~27gですが、実際は、14g程度しか摂れていないという統計もあります。
もともと日本人の食事は、野菜、イモ、大豆、海藻などが中心だったので普通に食べていれば30gなどわけはなかったのです。
また、乳製品や肉類摂取の増加で動物性脂肪や動物性たんばく質の摂取量が増加したのです。昔は、さらにみそ、しょうゆ、漬物などの植物性乳酸菌も毎食のように摂取していました。しかし、これらの常識がくつがえってきているのです。

現代人は、頭を使う仕事が増えてきて、脳がほしがる栄養素が糖分や脂質であることも昔の日本人とは異なる点です。ストレス社会なども大きく影響していると思われます。

脳は肉が大好物、腸は野菜(食物繊維)が大好物 | 腸ストレスの影響と解消方法
https://intestinal-stress.com/archives/211

増加しているのは大腸ガンだけでなく他の腸の病気も

腸の病気で増えているのは、大腸がんだけではありません。
そのひとつに、「過敏性腸症候群」があります。この病気は、内視鏡検査などで異常が見つからないにもかかわらず、下痢、便秘、腹痛などの慢性的な症状に悩まされるというものです。この病気は腸管の知覚過敏が原因とも考えられます。
最近の研究では、ストレスがこの異常を増悪させている因子であることがわかってきました。

その症状は、大別して下痢型、便秘型、混合型の3つがありますが、おもに下痢型がツライ症状としてあげられます。ちょっとした緊張ですぐに下痢を起こしてしまい、下痢や軟便を1日に何度もくり返してしまうというものです。
多くは心因性のもので、ストレスの多い生活を送るサラリーマンなどがかかりやすいといわれています。この病気のために、朝の通勤電車を何度も降りてトイレに駆け込まなければならないというつらいツライ状況にある人もいる現代病のひとつなのです。

炎症性腸疾患もまた、急増している腸の病気です。腸の粘膜にびらんや潰瘍などの炎症が起こり、下痢や下血をくり返します。その代表は「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」です。潰瘍性大腸炎は20〜30代に多く、クローン病のほうは10〜20代の若い人に集中し、患者の数も年々急増しています。

これらの炎症性腸疾患は詳しい病因が不明のため、現在ある薬で症状をコントロールしていくことになります。また、この疾患は一度発症すると症状が悪化する「活動期」と、症状が46比較的治まる「寛解期」をくり返すという特徴があります。治療ではいかに「寛解期」を維持できるかが大事なポイントとなりますので、食生活の改善が大事です。腸の病気として、忘れてはならない便秘と、便秘のために下剤を長期にわたって取用を読けることで起きる「大腸メラノーシス」なども増えている腸の病気の代表です。

腸トラブル
https://intestines-navi.com/